すべてがバランスよく存在し、エネルギーが循環する

わたしが米ぬかの素晴らしさを実感し

大好きになったきっかけは

ぬか漬けを始めたことでした。

手軽にお漬物を食べたくても

発がん性が不安視される

食品添加物や着色料が入っている市販のものが多く

諦めていました汗

国産の野菜で自分で漬ければいいのに

なんとなく

「ぬか漬けはお世話が大変」

「ぬか床はすぐに失敗してカビが生える」

「わたしには無理あせる」と思いこんで

お漬物を食べずにいたのです。

自分がやりたいことを初めから

「できない」と諦めていては、いつまでも叶いません汗

「できるかできないか、やってみないとわからない。」

「わたしの目や鼻や口などの五感、身体は体験するためにある。

だったらやってみようビックリマーク

人生の半分以上を過ぎて

「やりたいことをやらないまま

この世を去っていくことは勿体ない!!

そんなふうに感じるようになりました。

最初はすぐに漬けられるぬか床を買ってみました。

野菜を1日埋めておくだけで

ぬか漬けがとても簡単にできました合格

そのうち欲が出てきて

野菜以外のものを漬けてみたり

美味しくなるようにスルメや昆布を入れてみたり

いろいろ試すようになりました。

炒りぬかや粗塩や重曹や魚粉などを足していき

最初に買ってきたぬか床とは違う

「わたしのぬか床」になりましたニコ

ぬかに含まれている豊富な栄養素を漬けた野菜が吸収し

反対にぬかは、野菜の栄養を吸収します。

次に漬けた野菜は前に漬けた野菜の栄養分を吸収し

様々な種類の野菜が浸かることで

旨味は深みを増していくのですアップアップ

一日に一回、漬かった野菜を取り出し

新しい野菜を入れます。

その時に空気を入れながら

手でぬかの上と下をしっかりと混ぜます。

それだけです。

とてもシンプル音譜

ぬか床を混ぜるときに

目と鼻と手でぬか床の状態を観察します。

水分と米ぬかと塩分と温度のバランスが取れていれば

元気なぬか床ウインク音譜

バランスが崩れれば発酵は一転して

腐敗に変わってしまいますダウンドクロ

実験みたいに楽しくて

毎日おいしいぬか漬けを作ってくれる

ぬか床に愛着が湧いてきて

「ぬかちゃん、いつもありがとねラブラブ

と思いながら

かき混ぜるようになりました。

ある日

「ぬか床はビオトープのように

すべてがバランスよく

エネルギーが循環している世界のようだキラキラ

と感じました。

そして

「わたしの体の中も同じ」ということに気づきましたひらめき電球

「わたしというものが

微生物によって生かされているのなら

微生物にとって

住みやすい環境を作ることが必要なのではないか!?

そして

「これがわたしの目指したい生き方だったのだ!

とわかったのですOK

微生物には

酸素を好むもの、嫌うものがあり

発酵した米ぬかの中で好氣性菌は上アップ

嫌氣性菌は下ダウンと棲み分けています。

どちらか一方が増えすぎてエネルギーが傾かないように

時々混ぜる必要があります。

手のひらを通して

自分の氣とぬか床の氣を交流させ

波動を共鳴していくことで

元氣なぬか漬けが出来上がりますニコ

こうしてぬか床の小さな世界の氣が循環するのですアップダウン

ぬか床も

わたしたちの体の中も

米ぬか酵素温浴も全く同じです。

すべてがバランスよく存在し、氣が循環していれば

良い状態(元氣)なのです合格

#微生物#発がん性#言霊#思考の癖#エネルギーの循環#米ぬか酵素風呂#ぬか漬け#ぬか天国#免疫力#ヘルスケア

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次